スキャルピング 手法

バイナリーの両建ては指標スキャルが勝率を上げる。

 

このサイトではバイナリーオプション攻略のために「両建て」を使った方法をご紹介しています。その理由はFXに詳しくない方でも手軽に利益を得やすいからです。

 

FXでは短時間で取引を繰り返す事を、スキャルピング手法と呼びます。そして世界の各国で発表される経済指標に狙いを定めスキャルピングをおこなう事を指標スキャルピング、指標スキャルなどと呼び、わたしはバイナリーで指標スキャルピング手法をおこなうことにより勝率は9割を越えるようになりました。
その最大の原因は、経済指標の発表の事前予想と結果から発生する大きな値動きを狙ってエントリーする点にあります。

 

例えばある経済指標の発表時間が日本時間の22時30分だとすると、相場は22時30分ぴったりに発表された指標に基づいて動き出します。

 

発表された直後の相場は、いったん動き出した方向に数秒〜数十秒の間は動き続けるという特性を持っています。これは通常よりも値動きが大きめに働く事が予想されます。FX取引では「値動きが大きすぎてエントリーを避ける」というトレーダーも少なくありませんが、バイナリーでは、その特性を逆手にとり、両建てを使ったスキャルピング手法で経済指標が発表される直前に業者の提供する指標予想を参考にして、上と下両方にエントリーし、結果的に美味しいところをもらってしまう事ができるのです。

 

 

指標スキャルの魅力は日常生活への負担が少ない!

指標スキャルピング手法

指標発表の前後数分だけでトレードは完結

 

 @含み損を抱える時間がきわめて少ない
 Aパソコンの前に張り付く必要がない!

その他の手法

トレード時間がいつ訪れ、終わるのかわからない

 

 @長時間にわたり、含み損を抱えることがある
 Aトレードチャンスを見つけるためパソコンをずっと見る必要がある!

 

 

 

⇒指標スキャルを使った具体的な取引方法はコチラ!

 

 

勝てるようになるには業者選びが重要。

 

トップページで詳しく述べていますが、経済指標に合わせたスキャルピング手法とは相場予想を必要とせず、経済指標の事前予測と結果だけを見て機械的にトレードします。
バイナリーの両建てではこれが利益を生み出すチャンスとなりますが、だからといってそれほど簡単ではありません。

 

トレードの世界では経済指標発表後は、注文が殺到する為、いつもと同じような注文ができないことがあります。業者によってはスプレッドが大きく広がったり、いつものようにエントリーそのものができなくなることもあります。こういった事態はFXでも指標発表後にトレードをしたことがない人はあまり経験がないと思います。そのためバイナリーで指標スキャルピングをおこなうためには、事前の準備が必要となり、その準備のほとんどは業者選びに費やされます。

 

海外もあわせると、バイナリーを扱っている業者は沢山存在し、そのなかから「本当に勝てる業者」を選ぶのはかなり手間と時間がかかります。

 

しかし、この準備を怠ってはいけません。
逆をいえば、業者選びさえきちんとできていれば、これまでの手法では考えられない程の高い勝率で勝てるようになります。